芸能

【欅坂46】今泉佑唯や平手友梨奈、長沢菜々香、卒業の原因はいじめ?いじめファイブ特定?

欅坂46のメンバーの長沢菜々香さんが3月29日に自信のブログで卒業を発表しました。

2020年に入ってから、1月23日に平手友梨奈が脱退し、鈴本美愉、織田奈那が卒業し4人目の卒業となりました。

絶対的エースであった平手友梨奈の卒業などなぜこんなに欅坂46は卒業(脱退)が連鎖しているのでしょうか?

そこには、2018年に卒業した今泉裕唯から続くイジメが裏にあったと言われいます。

今泉裕唯の卒業は壮絶イジメが原因

元欅坂46の今泉裕唯が2018年に同グループを卒業した理由が、複数のメンバーから受けていた陰湿ないじめだったようです。

今泉裕唯さんの家族や近親者、親友などが「週刊文春デジタル」の取材に答えています。

泉の実兄が証言する。

「ファンの間では、平手友梨奈さん(17)や志田愛佳さん(20)との不仲が噂されているようですが、彼女たちは『よき相談相手だった』と妹から聞いています。ただ、その平手さんを崇拝する“取り巻きメンバー”の5人が問題だった。妹が注目を浴びるのが許せなかったようです」(今泉の兄)

イジメの主犯格はA子~E子の5人。今泉は2017年4月13日、体調不良を理由にグループの活動を一時休止。同年8月復帰をしたものの、2018年にグループを卒業したが、イジメは2017年の復帰から2018年に卒業するまで約1年半にわたって続いたという。

体調不良で一時休止中、A子からは「戻ってこなくていいよ」と連絡があり、B子には「平手が築き上げた欅をお前が壊している」と面罵された。ほかにも「死ね」などの暴言、化粧品や靴下が片方だけ隠される、1人だけエレベータに乗せてもらえない、楽屋にカギをかけられて入れないこともあったという。

出典:文春オンライン

今泉裕唯は、いじめファイブと呼ばれる5人からいじめを受けていたとされています。

平手友梨奈の脱退理由

欅坂46の絶対的エースの平手友梨奈が脱退しましたが、他のメンバーが卒業という形をとっている中、平手友梨奈は脱退という選択をしました。

平手友梨奈が脱退とした理由はいまだに語られておらず、様々な憶測がされています。

卒業は十分やり切って次のステップに行くイメージ、脱退は諦めて途中で抜けるようなイメージですね。

平手友梨奈の脱退には深い意味があるのでは?と想像できます。

原因の一つに欅坂46の「内部崩壊」だったとされています。

欅坂46のメンバーの中で、今まさに“不協和音”が生じている。

その根底にあるのは、運営がこだわる“平手一強”体制に、長い間、多くのメンバーが振り回され続けている状況なのである。

出典:文春オンライン

2019年9月に報じられた織田奈那さんの熱愛スクープに始まり、欅坂46に疲れてしまったと鈴本美愉の海外留学など内部崩壊が明るみに。

そして、先ほど紹介した今泉裕唯さんに対してのイジメ問題。

いじめの主犯格が平手友梨奈を崇拝しいたグループだったともいわれています。

今泉佑唯(21)へのイジメ問題で明らかになったのは、イジメの主犯格メンバー5人が、平手を”崇拝”していたグループのバランスを欠いた実態だった。体調不良の平手に代わりセンターに立った今泉に対し、主犯格の1人は「平手が築き上げた欅をお前が壊している」と面罵。ほかにも「死ね」などの暴言、化粧品や靴下が片方だけ隠される、1人だけエレベータに乗せてもらえない、楽屋にカギをかけられて入れないこともあったという。”平手一強”の運営体制がメンバーにも大きく影響し、「平手以外のセンターを許さない」という狂信的な状態に陥っていた。主犯格グループに睨まれたまま、今泉は2018年でグループを卒業した

出典:文春オンライン

発言力が強くなりすぎてしまった平手友梨奈とメンバー間に深い溝ができグループ内でも浮いた存在になっており孤立する一方だったようです。

今泉裕唯をイジメていた5人を特定?

今泉裕唯をイジメていたメンバーは5人で平手友梨奈を崇拝しており平手友梨奈の取り巻きだったそうです。ネット上ではいじめをしていた5人をイジメファイブと呼ばれています。

ファンの間で、平手さんを特に慕っていると見られているメンバーは
・守谷茜さん
・織田奈那さん

といわれています。

ネット上では、

・上村莉菜

・斎藤冬優花

・守屋茜

・佐藤詩織

・志田愛佳

志田愛佳さんの名前も挙がっていますが今泉裕唯さんの相談役といわれていますのであくまで噂の域を出ない推測ばかりですね。

長沢菜々香の卒業理由もいじめファイブ?

2019年7月に長濱ねるさん(21)が卒業してから、長沢さんの中で卒業の気持ちが日に日に強くなっていったのは間違いありません。長濱さんの存在は大きかった。長沢さんとは親友だったのです。ダンスが苦手で、シングル(のダンスのフォーメーション)では後列に回されることが多かった長沢さんは、アイドル活動に行き詰まり、今後どうしていけばいいのかと悩むこともありました。そんなとき、長濱さんは相談相手になって、長沢さんを優しく受け止めていたのです」

出典:文春オンライン

長沢菜々香さんの卒業理由の一つは長濱ねるさんが卒業した事によるモチベーション低下だったようです。

長濱さんの卒業でモチベーションが低下しただけが理由ではなく、長濱さんという“味方”がいなければ、欅坂46という”嫉妬”と裏腹の”同調圧力”の空気に満ちたグループの中では潰されてしまう。といういじめファイブの影も理由の一つだったようです。