未分類

栃木登山禁止で遭難。川崎市の25歳を顔画像特定?救助費用はどうなる?

栃木県の日光市で立ち入り禁止になっている山に登り遭難し、1時間半後に救出されました。

外出自粛が求められている中で、登山をし遭難した男性への批判が殺到しています。

川崎市の25歳男性、男体山で遭難

栃木県日光市の男体山(なんたいさん)(標高2486メートル)で2日午後2時半ごろ、単独で登山していた川崎市川崎区の団体職員の男性(25)が遭難し、知人を通して日光消防署に救助を要請した。栃木県防災ヘリが出動し、約1時間半後に救出された。男性は足に軽い凍傷を負ったという。

出典:Yahooニュース

川崎市の25歳男性が単独で遭難し、栃木県の消防署によって救出されました。

こちらの男体山は、緊急事態宣言で先月25日に予定していた開山が延期となり立ち入り禁止になっていたようです。

日光二荒山神社にある閉門された登山口の脇から登山道に入り、頂上まで登ったとの事で、完全に確信犯ですね。

このような自分勝手な人のために、本当に必要な人に救いの手が回らなくなることがあるとすれば、とても残念です。

男体山は私有地。勝手に入っただけでも犯罪。
登山すること、神奈川県から出ることは自粛要請だけど。
コロナ自粛に関係なく、あきらかにモラルに反する登山者がたくさんいることは事実ではあるが、登山者全体が同じ目で見られることが残念でならない。

ネット上では、入山禁止の山に入った25歳の男性に批判のコメントが散見されます。

男体山で遭難した川崎氏の25歳を特定?

栃木県の男体山で遭難したの男性ですが、報道では25歳の男性。そして川崎市の団体職員である事が報道されています。

氏名を公表すれば良い

どちらの団体職員なのでしょうか。
組織として自粛は指導していたのでしょうか。
緊急事態が発令されている現在では、団体にも社会的責任が無いとは言えないと思います。

ネット上でも名前を公表した方が良いといった意見や、どこの団体職員のなのかといった意見がありますが現在のところ実名や団体名などの報道はありませんでした。

遭難による救助費用はいくら?

日本山岳救助機構合同会社のサイトによれば、民間ヘリの東邦航空の場合、捜索・救助料金は1時間あたり46万5000円。遭難現場が明確にわかっていれば、救助が1時間前後で完了するとして、費用は50万~80万円ぐらいのようです。

ヘリはチャーター費用が“1分1万円”と言われています。今回の救助にかかった時間は1時間半。

およそ100万円程度だったと推測されます。

栃木で遭難した川崎市の25歳の救助費用は?

登山禁止にも関わらず、入山し遭難し救助された川崎市25歳男性の救助費用は一体どうなるのでしょうか?

公的機関か民間かによって無料か有料かに分かれるとし、今回の救助は栃木県防災ヘリが出動しておりますので公的機関だと思われます。

一般的には初動捜索の基本は「山岳救助隊」が担当し、山岳救助隊の管轄は「消防庁」になりますので、全国の消防本部や消防署の管轄、となります。ここの隊に発見されれば捜索費用は無料です。つまり、海も山も公的機関が捜索して発見されれば、費用負担は税金から支払われる事になります。

全く酌量の余地なし。禁止の事したのだから犯罪者扱いでいい。名前も公表して罰金もしっかり取って当然救出費用も全額徴収するべき。

まずは氏名を公表し、自分がした事の重大さを十二分に思い知らせたほうが良い。
もちろん、救出費用は「全額自己負担」で!
コロナ関連で大変な時に「ヘリ」まで飛ばせたんだからな!

税金で賄われておりますので一切の酌量なしで、救助費用は自己負担にとの意見が多数でした。

ルールを無視し救助費用は国民の税金となると納得できない方も多いのではないでしょうか?

しっかり反省して、今後こういった方が出ないようにしてほしいですね。