筋トレ

筋トレの楽しさを再度考えてみる

今回は筋トレを始めてから1年以上が経過し、なぜ続いてるか、食事にも気を使ってるか、再度自分の考えや現在までの棚卸をしてみようと思います。

よく、なんで筋トレなんかしてるの?きついのによく続くなぁと言われますが、今となってはいろんなメリットがあるのに逆になんでトレーニングや運動してないの?と思います。 筋トレによるメリットを知らないためにそのような質問があるのだと思います。

最近では、筋トレを開始して1年経過しましたがスーツを購入しに行くと鍛えてますか?と聞かれる事が多くなり、1年前に履いていたデニムが太ももで止まり履けなくなりそれすらもうれしく思います。

仕事上でのメリット

仕事関係の人からも何かスポーツされてますか?といった事もよく質問されるようになりました。

私の仕事は製薬会社の営業をしておりますが、 ヘルスケア業界に従事しているため少しは説得力が上がるのではないでしょうか。また、営業という仕事柄、自分のキャラ付けができ覚えてもらいやすいというメリットはあるかともいます。製薬会社の仕事上、何時間も立って医師を待つ事が多くありますが長時間立ち続けても以前よりも疲れにくくなりました。

自己肯定感

筋トレのメリットの一つとして自己肯定感が上がると言われてますが、本当にその通りだと感じます。まず筋トレを1年続けられる人の割合は0.3%と言われており非常に少ないです。1000人に3人しか続ける事ができない事を継続できているだけでも自分を褒めても良いと思います。

又、仕事や勉強、スポーツなどは良い結果を出すためには、努力のほかに多少の運やセンスなどが必要になってくる物だと私は考えてます。 短距離やランニングなどタイムが縮まるなどの成果はなかなか出にくいが、筋トレはやればやるだけある程度の結果がついてきます。

例えば、ベンチプレスを始めた当初、30kgしか挙上できなかったのが、3か月後には50kg挙上できるようになったなど、扱える重量が増えたり体脂肪率が下がったり、また体重を増やしたいと思っている人は筋肉がつき体重が増加したり、成果が目に見える形で現れる事で、やれば結果がついてくるといった自己肯定感につながりやすいと考えられます。

単純に数値だけではなく、きちんとトレーニングをしていると目に見えて筋肉がおおきくなり、体形が変化します。

生活習慣の改善

激しいトレーニングをする事によって、せっかくのトレーニングを無駄にしたくないとの意識が働いて食事にも気を使うようになりました。また、トレーニングをする以前に比べ飲酒をする頻度や量が劇的に少なくなりました。

自力で生活習慣を改善する事は難しいと思っていましたが、筋トレをする事によって生活習慣も以前とは全く違い、自然と改善されました。

他には、トレーニング自体は楽ではなく、トレーニングしている最中は集中してかなりの疲労になります。よっておのずと、トレーニングした日はいつもより睡魔に襲われる事が多々あります。必然的に睡眠の質も上がり、夜はぐっすり眠れます。

ストレスの解消

トレーニング中は、余計な事を考える暇がなく頭が空っぽになりますので、嫌な事、ネガティブな事を考えなくなりトレーニングが終わった時には爽快で、リフレッシュする事ができストレス解消になります。

最後に

おそらく他の人が感じる筋トレのメリットは、まだまだあるかと思いますが、私が感じたメリットを率直に記載しました。トレーニングを始めた当初は、体形が変化する事だけが目的だったのですが、体形が変わる事だけではなく様々なメリットがあり生活習慣も劇的に変わったからこそ楽しく感じる事ができているのだと思います。