コロナウィルス

コロナはペットに感染するのか?ペットの感染対策法は?

コロナウィルスが世界的に流行してまだ終息しておらず、不安な日々が続きますね。みなさんも生活も自宅勤務が多くなったり、満員電車を極力避けて通勤したり、手洗いうがいを徹底したり感染予防にできるだけ努めていると思います。

3月5日に香港政府が感染者の女性が飼っている犬がコロナウィルスに感染していたと報告がありました。

新型コロナ、犬への感染確認 香港患者のペット

【AFP=時事】香港当局は4日、新型コロナウイルスの感染者が飼っていた犬が同ウイルスに感染したことを確認したと発表した。ヒトから動物への感染例である可能性が高いという。 感染が確認された犬は、60歳の女性患者が飼っていたポメラニアンで、先月28日に動物センターに隔離され、以降、新型コロナウイルスの検査で複数回にわたり「弱陽性」反応が出ていた。

出展:AFP BB NEWS

特に症状は出ていないとのことですが、犬を飼っている人は心配になりますね。 冷静に対応しましょう。

ペットに感染するのか?

人間であれば、極力外出を控えたり手洗いうがいを徹底したり体調が悪くなればすぐに病院にいって細心の注意を払う事が出来ますが、自分の飼っているペットが感染するのであれば非常に心配ですね。

香港政府はコロナウィルスが犬に感染していると報告しましたが、本当に人以外の動物に感染するのでしょうか?現状日本での感染報告はないみたいです。

感染者の犬から新型コロナ たまたま付着?「問題ない」

東京都獣医師会は、感染疑いの情報が2月末に流れたのを受け、感染は確認されていないとして「現時点では問題はない」との見解を公表している。

犬の口や鼻にたまたま付着したウイルスを検出した可能性があり、日本のペット飼育環境では、野生動物や人からの感染の可能性は非常に低いとしている。

 世界小動物獣医師会も「犬や猫に病気を起こすコロナウイルスもあるが、今回の新型ウイルス感染症の拡大とは関係ない」などとする見解を公表している。

出展:朝日新聞デジタル

獣医師会では、問題ないとされておりますね。現段階ではひとまず安心といったところでしょうか。

ペットの感染対策

香港の事例でも人から犬が感染したということですので、まずは飼い主が感染しない事、コロナウィルスを持って帰らない事が大事です。

今まで通り、手洗いうがいをしっかりして感染リスクを避けましょう。

専門家の見解

マウスや豚、鶏のコロナウイルスを研究している宮崎大農学部獣医学科の山口良二教授(獣医病理学)は、香港政府の発表に懐疑的だ。従来のコロナウイルスは動物も感染するが、もともと種特異性が強いものが多く、人に感染するものが種の壁を超えて他の動物にうつる可能性は低いという。

飼い主に発熱など新型コロナウイルス感染が疑われる症状がある場合、どうすればいいのか。山口教授は「うつさないためにペットと離れて暮らす必要はない」。その上で「普段から動物を触る前後は手をよく洗い、顔をなめられたら洗うなど当たり前の注意事項を守ってほしい。犬や猫は口でいろいろな物に接触するので、特に室内飼いの場合、人間の手指を消毒するように、口の周りや顔をウエットティッシュなどで拭いてあげて」としている。

出展:西日本新聞

人と同様に口のまわりや顔を拭いてあげ、清潔にして飼い主もペットも健康に過ごせるように注意を払っていきましょう。

また、現時点ではペットに感染するリスクはかなり低いと専門家も見ておりますが、万が一飼い主が感染した場合ペットにうつさないように、マスクをしすぐに獣医師に診察してもらうようにしましょう。