SNS

【100日後に死ぬワニ】炎上 電通案件でつまらない、いつから?ステマ案件

数日前から100日後に死ぬワニがかなり話題になっていました。

平凡な日常での死について考えさせられたファンもいたのではないかと思います。

筆者も100日後に死ぬワニの動向や最終回の考察をしましたが、どうやら100日後に死ぬワニが炎上し電通案件でつまらない、興冷め、ステマ案件だったとされています。

本当の所はどうなのか再度100日後に死ぬワニについて調べました。

【100日後に死ぬワニ】炎上

100日後に死ぬワニの最終回でまず皆さんが、驚き炎上したのは、

「100日後に死ぬワニ」公式アカウント誕生

書籍化決定

映画化発表

いきものがかりとのコラボムービー

グッズ販売開始

え?準備良すぎない?101日目から稼ぐワニ??と筆者もなりました。

最終回直後にこれだけビジネス展開すると水面下で企業と組んでバズらせたのではないか?商業的すぎると炎上しました。

書籍化までは納得し利益が作者に還元されるのは賛成としたが、映画化やグッズなどその他もろもろでガッカリされているかたもいます。

100日後に死ぬワニ電通案件でつまらないステマ

100日後に死ぬワニの最終回前のカウントダウンが盛り上がるのは分かりますが、やけにテレビでの紹介が多いなと感じていました。

その背景には大手広告代理店の「電通」が絡んでいたと疑惑が・・・

そのため、100日後に死ぬワニは電通案件でステマだとし、一気につまらない、冷めたなどの評価がSNS上でも散見されるようになりました。

なぜ電通案件と疑惑が出たのか調べたところ

「100日後に死ぬワニ」のTwitter公式アカウントは株式会社ベイシカが管理しています。

この株式会社ベイシカですが、取引会社の一覧に株式会社電通と記載されています。


そしていきものがかりとのコラボムービーが発表されましたが、PRプランナーには、根本洋平さんという方がクレジットされています。

この根本さんがどうやら電通に所属されている方のようです。

以上の事から「100日後に死ぬワニ」は電通案件でつまらないステマだと一夜で大炎上しました。

「100日後に死ぬワニ」 電通案件はいつから?

「100日後に死ぬワニ」ですが、電通や大企業が絡んできたのは、いつごろからなのか?という事が議論されています。

「100日後に死ぬワニ」がそこまで知名度のないきくちゆうきさんの案件に最初から関わることはないんではないか?との意見が見られました。

1月から商標登録していたとされています。

これを見ると1月には、すでに電通が絡んでいたように思えます。

https://twitter.com/POT_br/status/1241185632904339456?s=20

すでにゲームセンターにもワニくんがいるようなので、かなり早い段階での企業案件だったのでは?と疑いたくもなりますね。

100日後に死ぬワニ 電通案件 否定

100日後に死ぬワニの作者が電通案件を否定しておりますので、下記の記事にて追記しています。