オリンピック

【聖火見物】仙台駅コロナ拡大?岩手県、福島県は?自粛規制は?

コロナウィルスの影響でオリンピックの開催が中止や延期など危ぶまれておりますが、東京オリンピックの聖火を東日本大震災の被災地3県で巡回展示する催し「復興の火」が仙台市で行われました。

コロナ拡大を避けるため民間のイベントは自粛規制がされていますが、今回の仙台駅は自粛規制が無かったのでしょうか?

仙台駅聖火見物に5万人 

3月20日に聖火が日本に到着し、21日JR仙台駅東口のデッキで展示されました。

仙台駅には、聖火を一目見ようと家族連れなど大勢の人が訪れ、聖火を写真に収めたりしていた様子。

ただ、集まった人数がおよそ5万人だったそうで、制限時間は一人1分ほどだったそうです。

宮城県の担当者は「見込みが甘かった。土曜で好天にも恵まれ、ここまでの人が押し寄せるとは想定していなかった」とコメントしている。

聖火見物のコロナ感染リスクは大丈夫なの?

昨今人が集まるような所は、コロナの感染リスクが高いため、イベントは自粛、中止されていますので、気になるのコロナ感染リスク

日本感染症学会の舘田一博理事長の話

 屋外でも手が届く近い距離で長時間待っていたのなら、感染拡大のリスク要因になる。濃厚な会話が交わされていなければ、リスクは高くないが、それでも危険性は否定できない。(本番の聖火リレーでも)沿道に予想もしないほど大勢の観覧者が集まれば、それぞれ間隔を適切に空けるなり、対策を取る必要がある。待機スペースに限りがあるなら、それに合わせて観覧者をどう絞り込むかが重要になる。

出典:毎日新聞

やはり屋外でも密集したところに長時間待ってれば、感染リスクの要因となるとの見解。

人とのスペースを確保することなど何らかの措置を取れるように対策をしてほしいですね。

気になるのは仙台のあとに、福島県、岩手県のイベントがあります。中止や規制などは検討しているのでしょうか?

聖火見物 福島県、岩手県 コロナ対策

仙台市の聖火見物の密集の報道を受け、組織委員は再び密集するようであれば中止を検討しているとのこと。

仙台で聖火見物5万人 感染リスクの数時間行列 組織委、再び密集なら中止検討

出典:Yahooニュース

現在の時点では、福島、岩手での聖火によるイベントの中止はなさそうです。

ただ、何らかの規制はないと見物に行くのも不安ですよね。

復興の火 岩手県 規制は?

岩手県では、令和2年3月22日(日曜)、23日(月曜)に、ギリシャから到着した聖火を、東京2020オリンピック聖火リレーに先立ち、下記のとおり岩手県「復興の火」として県内8カ所で展示します。

 なお、どなたでも、各会場で自由に見学・記念写真撮影が行えます。

荒天時等による中止の場合は、フェイスブックにてお知らせします。 
【希望郷いわてレガシー】https://www.facebook.com/iwateculspo/

注1)新型コロナウィルス感染拡大防止のため、郷土芸能・吹奏楽等のステージイベントは取り止めとなりました。

注2)同様に、ゲストの来場も取り止めとなりました。

出典:岩手県公式ホームページ

岩手県の現段階では、郷土芸能・吹奏楽のステージイベントは中止、ゲストの来場は取りやめる措置をおこなっていますが、その他は自由に会場に見学に来てもいいようです。

 岩手県では22日に三陸鉄道とSL銀河で「復興の火」を運んで各駅前などで展示するが、特別列車への乗車招待などを中止。

出典:時事ドットコム

またSL銀河での各駅展示を中止する措置をとっています。

復興の火 福島県 規制は?

出典:いわき市公式ホームページ

今後仙台市の報道を受け何らかの規制が入るかもしれませんが、福島県のいわき市の公式ホームページを調べましたが、現時点の中止などの変更はありませんでした。

復興の火 岩手 福島 コロナ対策

復興の火の大規模な規制は岩手、福島ともに現時点ではありません。

大勢の方が見物にいらっしゃるのが想定できますので、各自マスクや手洗いうがいなど気を付けて楽しんでいただきたいと思います。