ニュース

安倍晋三の後任?公明党【山口那津男】って誰?創価学会?経歴がヤバい?

対策の遅れなどから政府に批判が集中しています。

安倍晋三首相に対しても辞任すべきだと言った声もあります。

安倍晋三首相が辞任したとしてその後釜、次期総理大臣は誰が相応しいのでしょうか?

これまでにも自民党内で「ポスト安倍」とされてきた人には、小泉新次郎や石破茂、加藤勝信さんなどが挙げられてきましたが、ここにきて公明党の山口那津男氏が浮上しています。

次期首相候補の公明党の山口那津男とは一体どういった人物なのでしょうか?

次期首相?公明党山口那津男の経歴

名前:山口那津男

生年月日:1952年7月12日

出身地:茨城県

出身大学:東京大学法学部

前職:弁護士

所属:公明党代表

公明党代表の山口那津男氏の政策や主張は、選択的夫婦別姓制度導入に賛成し「社会や家族の構造が変わり、女性のライフスタイルや価値観が多様化する中、若い世代を中心に夫婦別姓のニーズは高まっている」としている。

また受動喫煙防止を目的とした健康増進法改定案に賛成しています

公明党 山口那津男は創価学会?

公明党の背景には、創価学会といった支持団体がありますが、山口那津男氏も創価学会員なのでしょうか?

元代表を務めていた浜四津敏子 氏は、学会員ではなかったそうです。

公明党の支持団体が創価学会であるからといって必ずしも創価学会員ではないようですね。他の党と同様に優秀な人材を代表として選んでいるようです。

山口那津男氏のwikipediaによりますと公明党の代表を務めているが支持母体である創価学会において中枢にいた経験はないとされ、創価学会員ではないとされています。

ただネット上では山口那津男議員は子供の頃から創価学会員だと記載されているものもあり真相はわかりません。

公明党 山口那津男は頭がいい

2014年池上彰の総選挙ライブでのインタビューでのやり取りが話題になっていました。

池上氏「公明党50年の歩み」を開き、創価学会・池田大作名誉会長の写真を指しながら「公明党というのは、池田大作さんの方針に基づいて進めているんだって、こういうふうに書いてらっしゃいます

山口代表「(池田名誉会長は)創立者でありまして」と回答し、党50周年記念の感謝をささげる意味で池田名誉会長について掲載

池上氏「創価学会と公明党の関係、別に隠しているわけではない、こうやってハッキリ示しているんだよ、ということですね」

山口代表「はい、歴史的事実ですので」

また、山口那津男議員の評判に頭がいいや有能といった事が言われています。

理由は、学歴も東京大学の法学部で弁護士としてのキャリアがあったので、頭がいいという印象です。

小池都知事からの評価も高評価で、小池都知事が「希望の党」の代表になった時に理想の首相として名前が挙がったようですね。

また、「幼児教育・保障の無償か・私立高校授業料の実質無償か・消費財引き上げ時に「軽減税率」を導入するなど人の暮らしに直結するような問題に取り組まれておりこのような政策や実績が有能といわれているのではないでしょうか?

10万円給付金の背景に山口那津男議員の存在があるとされ山口那津男議員の評価は高まっているようです。

実際にネット上でも山口那津男さんに首相になってもらいたいといった声も上がっており評価は高まっているようです。