芸能

【エイベックス松浦勝人】A子の告発で退任?薬物疑惑でドラマ「M愛すべき人がいて」の影響はどうなる?

元エイベックス社員のA子さんが、同社の代表取締役会長の松浦勝人氏(55)の“違法薬物使用”を「文春オンライン」編集部に告発し、5月14日に退任するとエイベックスが公表しました。

元エイベックス社員A子さんに関する記事はこちら

違法薬物疑惑で逮捕されエイベックスを退任するわけではありませんが、ドラマ[M愛すべき人がいて」は松浦勝人さんと浜崎あゆみさんがモデルとなっているドラマです。果たして放送に影響はあるのでしょうか?

【エイベックス松浦勝人】退任の真相

エイベックス松浦勝人の退任はA子さんの告発によるものだと噂されていますが本当の所はどうなのでしょうか?

松浦会長は「avex CEO退任の真意と僕のこれから」と題し、「先日発表があった通り、僕としては晴れて、最高経営責任者(CEO)から離れ、念願であったクリエイティブに専念することにした」と報告。

社長業を始めてからの約16年を振り返り、「今思えば、いい経験ではあるけれど、その間は自分が自分でないようで、とても苦しい日々だった」と本音を吐露。「気がつけば自分が本来得意としていた音楽制作からは、16年も離れていたわけで、この間にはさまざまなテクノロジーが進化し、音楽の制作手法も個人で作る手法から、Co-Writingというチームで作る手法が増え、まさにゲームチェンジの時を迎えている」と説明した。

 「そんな流れの中で、今年56歳を迎える僕としては、あと10年から15年がクリエイティブに参加出来る限界かなと感じ、その時期を逃さないためには、CEOの職を降り、音楽制作と、それを広めるための新しいテクノロジーの事業に専念するという決意をした」と表明。「そもそも自分のような人間は社長業には向いていないと、ずっと口癖のように言ってきたけど、やはりその気持ちに変化はなく、昔のようにやりたいことや好きなことだけをやっていく人生に戻らせてもらうことにした。あくまでも、自由に、出来る限り制約のない環境の中でクリエイティブを続けていくことにする」と考えを明らかにした。

出典:ORICON NEWS

松浦勝人さんは、社長業に向いていないと自身で語っており、制作の方に専念するために退任するようです。

さらに現在放送しているM愛すべき人がいての頃のような自分に戻る事を考えているそう。

M愛すべき人がいての評価や口コミ

M愛すべき人がいてのような頃に戻ると発言していますが、現在放送されているドラマは一体どのような評価や口コミなのでしょうか?

実際は評価が真っ二つに割れているようです。

ドラマ自体が特異な作風でデフォルメされており、オーバーな演技や臭いセリフ、人間の醜さを過剰なまでに描いているという。

実際に当時、90年代を生きてきた人はおもしろいと評価してる人もいれば

内容がギャグやコントを見ているようでつまらないといった感想がありました。

賛否両論あるようですが、世間からは注目されておりドラマとしては大成功しているのではないでしょうか?

エイベックス退任でM愛すべき人の影響はどうなる?

松浦勝人さんがエイベックスを退任した後、現在放送されているM愛すべき人がいては今後そうなるのでしょうか?打ち切りなんて事はないとおもいますが・・・

松浦勝人会長は元エイベックス社員のA子さんの証言と自身の薬物使用について否定しています。

そして松浦勝人さんも今後は制作の方に力を入れていく事と、「M愛すべき人がいて」の頃のように戻るとおっしゃっていますので予定通り放送するのではないでしょうか?

今後、制作の方に力を入れていくそうなので、M愛すべき人がいての制作に加わって新展開を見せてくれると盛り上がりそうですね。

また、エイベックスが所有しているクラブにも力を入れていくのかもしれませんね。

エイベックスが所有しているクラブの記事はこちら