芸能

【菅田将暉 小松菜奈】交際。嘘? カップル共演作品がヤバい。

本日3月20日、俳優の菅田将暉さんと小松菜奈さんの交際が報じられました。

菅田将暉さんと小松菜奈さんの交際は話題づくりの嘘なんではないか?と思い調べましたが、以前から何かとお似合いと言われており、正式な交際みたいですね。

ふたりの馴れ初めの作品などご紹介していきたいと思います。

菅田将暉 小松菜奈  出会いは? カップル共演作品【ディストラクション・ベイビーズ】

2016年5月21日に公開されたディストラクションベイビーズこの作品で菅田将暉さんと小松菜奈さんは共演されています。

柳楽優弥さんや村上虹郎さんも出演されています。

あらすじ

愛媛県松山市西部の小さな港町・三津浜。海沿いの造船所にふたりきりで暮らす芦原泰良と弟の将太。喧嘩に明け暮れていた泰良は、ある日を境に三津浜から姿を消す―。松山の路地裏、強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛け、打ちのめされても食い下がる泰良。彼に興味をもった北原裕也が、「おもしろいことしようや」と声をかける。通行人をターゲットに無差別に暴行を加え、車を強奪したふたりは、乗り合わせていた少女・那奈と松山市外へ向かう。その頃、将太は、自分をおいて消えた兄を探しに市内へとやってきていた―。

出典:Filmarks 映画

暴力シーンが多い映画ですが、評価も高い作品です。何より小松菜奈さんが可愛いとの評価が高いようです。

菅田将暉 小松菜奈 カップル共演作品 【溺れるナイフ】でキスシーン

ディストラクション・ベイビーズが公開されたあと続けざまに菅田将暉さんと小松菜奈さんは2015年秋にダブル主演映画の「溺れるナイフ」(2016年11月公開)に入り親交を深めたそうです。

菅田将暉さんもこの撮影を「一生忘れない」とコメントしており小松菜奈さんは、「1年ぐらいに感じた」とコメントしております。

あらすじ

東京で雑誌モデルをしていた美少女・望月夏芽は、ある日突然父の故郷である浮雲町(うきぐもちょう)に引っ越すことになる。東京から遠く離れた田舎町には刺激がなく、自分が欲する「何か」から遠ざかってしまったと落ち込む夏芽だったが、土地一帯を取り仕切る神主一族の末裔で跡取りである長谷川航一朗(コウ)に出会い、強烈に惹かれていくのだった―。

出典:Filmarks 映画

この作品あたりから菅田将暉さんと小松菜奈さんがお似合いだとうわあsされるようになっていきました。

菅田将暉 小松菜奈 カップル共演作品 【糸】

菅田将暉さんと小松菜奈さん2度の共演をした後「糸」の作品で3度目の共演を果たします。この映画「糸」で交際に発展したようです。

あらすじ

めぐり逢う、ふたつの物語。 13歳、初恋。二人は遠く引き離された。 21歳、再会。過ぎた時間は取り戻せなかった。 31歳、現在。もし、もう一度だけ、あなたとめぐり逢えたなら…。 人は奇跡のような確率で、誰かと出逢っているー 平成元年に生まれた漣と葵。 すれ違い、遠く離れ、それぞれの人生を歩んできた二人が、平成の終わりに再会を果たす…。 これは、運命に引き離された男女が再びめぐり逢うまでを、 平成という時代の変遷とともに描く、壮大な愛の物語。 平成元年生まれの高橋漣と園田葵。北海道で育った二人は13歳の時に出会い、初めての恋をする。そんなある日、葵が突然姿を消した。養父からの虐待に耐えかねて、町から逃げ出したのだった。真相を知った漣は、必死の思いで葵を探し出し、駆け落ちを決行する。しかし幼い二人の逃避行は行く当てもなく、すぐに警察に保護されてしまう。その直後、葵は、母親に連れられて北海道を去ることになった。そのことを知らなかった漣は見送ることすらできないまま、二人は遠く引き離された…。それから8年後。地元のチーズ工房で働いていた漣は、友人の結婚式に訪れた東京で、葵との再会を果たす。北海道で生きていくことを決意した漣と、世界中を飛び回って自分を試したい葵。もうすでに二人は、それぞれ別の人生を歩み始めていたのだった。そして10年後、平成最後の年となる2019年。運命は、もう一度だけ、二人をめぐり逢わせようとしていた…。

出典:Filmarks 映画

交際に発展した菅田将暉さんでしたが、知人の一人は「小松菜奈さんの飾らない人柄に以前から行為を寄せていた、小松菜奈さんも、何事にもひたむきな菅田将暉さんを尊敬していてお似合いのカップル」とコメント。

菅田将暉 小松菜奈 カップル共演CM 【ファッションブランド ニコアンドCM】

3度の共演のほかに、ファッションブランドニコアンドのCMでも菅田将暉さんと小松菜奈さんは共演しております。

確かにお似合いのカップルですね。

今後さらに共演が増えていくような気がします。菅田将暉さんは「結婚したい」と周囲にももらしているので、今後の恋の行方が気になりますね。