YouTube SNS

【100日後に死ぬワニ】最終回 考察 ネズミ君は作者?友人の命日?本当の主人公説。ワニ君ロスも

100日後に死ぬワニの最終回が更新され早くもSNS上では話題になっています。

その中で、ネズミ君は作者のきくちゆうきさんだったのでは?

何か伝えたかった事があったのではないか?との見方をされています。

100日後に死ぬワニ きくちゆうきさんの経歴

100日後に死ぬワニの作者のきくちゆうきさんの公式ホームページにきくちゆうきさんの経歴が書いてありました。

20歳の時に友人が交通事故にあい亡くなられております。

ずっと仲が良かったご友人で、数か月間落ち込んだことが書かれております。

その後自分にできる事は何かとういう事を考え、また絵を描き始めたとのことでした。

そういえば、4コマの中でしばしば交通事故系の話が多かったように思います。

100日後に死ぬワニ ねずみくんは 作者であるきくちゆうきさん?

やはりねずみ君が作者のきくちゆうきさんだったとの見方が多いようです。

きくちゆうきさんは、この「100日後に死ぬワニ」を書いて何か伝えたかった事があったんだと思うと、また違う見方が出来ると思います。

友人との思い出を漫画にした、ただそれだけではなく平凡な日常に死を身近に感じたきくちゆうきさんだからこそ描く事ができたんだと思います。

100日後に死ぬワニ 最終回 ワニ君ロス

https://twitter.com/Watagesan0213/status/1240968061538074625?s=20

死について色々考えさせられる内容で、ワニくんロスになっている方も多いようです。

きくちゆうきさんが、「100日後に死ぬワニ」を書いて本当に伝えたかった事というのは何か分かりませんが、平凡な日常の中での死についてたくさんの人に考えさせる時間を与えてくれたのではないか?と思い。大変すばらしい作品だったと改めて思います。

これからも素敵な作品を世に出してくれる事だと思いますので応援したいと思います。