芸能

めでたくない?眞子様小室圭結婚?持参金は●億!母(佳代)さんの金銭トラブルはどうなった?

、皇室に動きがありまた。

以前から延期されていた、秋篠宮家の長女の眞子さまと小室圭さんの結婚の話が再燃している様子。

眞子さまと小室圭さんの結婚に関しては以前から小室圭さんの家庭が金銭トラブルを抱えており、結婚自体が破断になったと思っていた方も多いのではないでしょうか?

なぜこの国民が大変なこのタイミングで再燃したのでしょうか?

眞子さま、小室圭の結婚の延期

小室圭さんが、眞子さまにプロポーズしたのは、2013年ごろだそうで、秋篠宮さまはまだ22歳の眞子さまの婚約を冷静に受け止め、紀子さまは、小室圭さんをすぐに気に入られ「こんなに素晴らしい方はいない」と絶賛されていたそうです。

婚約内定会見が行われたのは2017年9月で紀子さまは、小室圭さんの第一印象を「初めてお会いし、話をしましたときに、丁寧で穏やかな印象を受けました。そして今も、同じような印象を持っております。(略)ピアノを聴きたいと話をしましたところ、快く応じてくださり、小室さんの優しいピアノの音色を聴きながら、私たちは心和むひとときを過ごしました」と語っていたそううです。

そんな好印象だった小室圭さんの好印象が一変し、結婚が延期されることになったのは、小室圭さんの母親である佳代さんと婚約者だったX氏との間に400万を超す金銭トラブルが報じられた事でした。

この400万円は、佳代さんが婚約期間中にX氏から提供されたもので、この400万円の中に小室圭さんの大学の入学金、授業料、また米国への留学費用も含まれていたという。

当時の秋篠宮家と宮内庁は騒然となりました。

「ご夫妻に紹介されてから4年もたつのに、圭さんは金銭問題もふくめ、大切なことを説明していなかった。父親の自殺や祖母の新興宗教信仰なども、秋篠宮家が知ったのは週刊誌で報じられたあとです。秋篠宮さまは『誠実とは言えない』と不満をおっしゃるようになりました」

そして眞子さまと小室圭さんの結婚が延期されるのが決定しました。

結婚延期後の小室圭さん

結婚延期となった小室圭さんですが、パラリーガルとして勤務していた奥田総合法律事務所から、突然米国に渡り、フォーダム大学のロースクールに留学しました。

この留学についても母、佳代さんの借金問題から踏み倒し状態のまま逃げたといわれ炎上する事にもなりました。

そして、なんと小室圭さんは日本人留学生として異例の全額免除として入学します。

旧皇族の竹田恒泰さんがツイッターで。眞子さまの婚約者としての地位を利用し皇族として特別入学したといわれています。

借金問題で結婚延期のタイミングで、留学を秋篠宮家に報告されましたが、「確かに、将来設計をしっかりしてくれと言い続けたが米国の留学とは話が違うのでではないか?」

そして、宮内庁従事職関係者は「KYの極みだよ。母親の借金スキャンダルが出た時点で、自分から破断をすると思っていたが、留学でさらにペンディングとなった。」

と言われたそうです。

しかし、小室圭さんが留学する事により、眞子さまと二人の気持ちが変わる事を期待した宮内庁でしたが、期待通りにはならず今回眞子さまと小室圭さんの結婚話が再燃しています。

小室圭さん、母(佳代)さんの借金問題はどうなった?

小室圭さんは借金問題を解決しないまま留学し、フォーダム大学「LLMコース」を卒業、「JDコース」に進学します。

「JDコース」に進学するためにさらに奨学金が必要になるとのことで、その金額は約650万円とも言われています。

そして、住まいは大学の寮のようですが、その住まいは3LDK で家賃が月に15万円ほどといわれています。その費用はパラリーガル時代の奥田総合法律事務所が出していますが、貸しているとの事で400万どころか更に借金が増えている事が予想されます。

眞子さま、小室圭さんの持参金は●億円

小室圭さんの借金問題が以前解決したようには見えないのですが、眞子さまと結婚された場合には、持参金として1億5000万円超えのお金が支払われるそうです。

世間の声はおくした借金トラブルがあるために眞子さまが利用されているのではないか?という声が当然ながら多くあり、この結婚に祝福できないとされた声が多く上がっています。

やはり小室圭さんが、金銭トラブルを一人で解決したという報告が無いと国民は納得しないような気がしますね。